未妊歴

2011年1月19日 (水)

未妊歴(32)~安定~

***H22年10月***
D4  血液検査(E2:18.38、LH:19.28、FSH:58.77、PRG:0.17)
D18 超音波(L:26mm、R:なし、E:8.2mm)
    頸管粘液の状態を見ると、ちょうど排卵前の状態。
D25 超音波(L:なし、R:なし、E:?)
    排卵済み確認。
    きちんと排卵した形跡が、左卵巣に残っているとのこと。
    26mmと大きくても、排卵することはあるらしい。
~D28

***H22年11月***
D4  血液検査(E2:239.30、LH:7.51、FSH:8.61、PRG:0.18)
D11 超音波(L:8mm、R:なし、E:10mm)
    前周期に排卵後にエコー確認した時はちゃんと消えていたので、排卵後にまた成長してきた遺残卵胞と考えられるが、潰れている状態なので排卵した直後。
    あまり良い卵子ではないかもしれないが、同じような人が今年6人いて、そのうち1人は妊娠したので、うまくいけば妊娠する可能性もあるとのこと。
    この後にまた今周期の卵胞が新たに出来てくる場合もある。
D18 血液検査(E2:56.95、LH:6.34、PRG:8.05)
    PRGが上がっているので、高温期とみなしてよい。
~D20

D5  血液検査(E2:79.82、LH:6.53、FSH:16.78)
    超音波(L:なし、R:11mm、E:薄い)
    今周期もまた排卵が早くなるかも。
D11 排卵日検査薬(+)
D12 超音波(L:なし、R:なし、E:?)
    排卵済み確認。
~D24

***H22年12月***
D3  血液検査(E2:19.80、LH:8.39、FSH:32.51)
D13 超音波(L:14.8、R:なしE:9.6)
~D25

基礎体温がきれいな状態が続き、排卵もきちんとあって、FSHが高くても安定していた時期でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

未妊歴(31)~遺残卵胞と新たな卵胞の共存~

***H22年7月***
D2  血液検査(E2:498.80、LH:3.42、FSH:4.15)
 超音波(L:25mm、R:なし、E:?)
    前周期の遺残卵胞
~D11

***H22年8月***
D1~D6(D12~D17) 少量出血
D5(D16) 超音波(L:15.1mm、R:なし、E:6.6mm)
    前回あった遺残卵胞が潰れかかっているものなのか?この出血を生理とみなして、新たな卵胞が出来ているものなのか?不明なので、様子をみることに。
    次回採血してE2が高ければこのまま生かして、PRGが上がっていれば今周期は諦めてリセットを待つ。
D9(D20) 超音波(L:23mm、R:なし、E:7.5mm)
    血液検査(E2:81.77、LH:5.96、PRG:0.14)
    今周期の卵胞として生かすことに。
D16(D27) 血液検査(E2:397.50、LH:9.74、FSH:7.24、PRG:0.19)
超音波(L:7mm、R:17.2mm、E:12.7mm)
    左の卵胞は、遺残卵胞が小さくなってきているもの。
    右の卵胞は、今周期新たに出来てきた卵胞。
D17(D28) 排卵日検査薬(++)
D18(D29) 排卵日検査薬(+++)
D23(D34) 超音波(L:なし、R:なし、E:14.6mm)
    きれいに排卵済み
~D31(D42)

***H22年9月***
D3  血液検査(E2:9.10、LH:6.79、FSH:34.95、PRG:0.15)
D13 超音波(L:なし、R:11.3mm、E:6.6mm)
D19 排卵日検査薬(+)
~D30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

未妊歴(30)~良かった後の反動~

***H22年4月***
D3  血液検査(E2:7.66、LH:14.10、FSH:49.33)
D5  超音波(遺残卵胞なし)
D13 超音波(L:なし、R:14.2mm、11.9mm、E:11mm)
    今朝、排卵日検査薬(+++)夜も(+++)
    卵胞からもう卵胞液が出てきている状態なので、排卵し掛かっていて、卵胞が小さく見えるのかもしれない。
    排卵日検査薬が昨日(-)で今朝(+)なら、未熟なまま排卵した可能性があるけれど、昨日も(+)だったとしたら、成熟卵だった可能性は充分あるとのこと。
    排卵は1個だけかもしれないし、運良く2個排卵した可能性もあるので、妊娠の可能性は充分ある。
    FSHが高くても年に1~2回卵が育つという人もいるとのこと。
D14 排卵日検査薬(+)
D19 超音波(L:なし、R:なし、E:14mm)
    排卵済み確認。
~D26

***H22年5月***
D4  血液検査(E2:7.59、LH:13.54、FSH:44.58)
D11 超音波(L:なし、R:なし、E:薄い)
    生理がD16まで少量続く。
D20 少量出血
D21 少量出血、生理?
~D68 高温期にならず、低温のままようやくリセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

未妊歴(29)~長い低温期~

***H22年1月***
昨年末より低温期が続き、一向に高温にならない
~D34 低温のままリセット

***H22年2月***
D3  超音波(L:11.7mm、R:なし、E:?)
    遺残卵胞
D14 血液検査(E2:56.27、LH:5.46、PRG:0.13)
    超音波(L:なし、R:19.8、E:9.5mm)
    左卵巣の遺残卵胞は消え、右卵巣に新たな卵胞が出来る
    E2が低いので、排卵誘発剤(フォリスチム注)
D17 血液検査(E2:78.22、LH:3.25)
    超音波(L:なし、R:13mm、E:6.6mm)
    排卵誘発剤(フォリスチム注)
D21 超音波(L:なし、R:12mm、E:5.9mm)
    誘発剤を打っても卵胞が大きくならないので、自然にリセットするのを待つことに
~D27 今周期も高温期にならず、低温のままリセット

***H22年3月***
D1  生理が1日だけで少量出血で終わってしまう
D4  超音波(L:なし、R:13mm、E:8mm)
 血液検査(E2:259.20、LH:6.88、FSH:13.01、PRG:0.14)
    E2が高いので、生理が1日で終わってしまった可能性が高い
    生理と考えてよい
    プラノバールを飲むと、私の場合はFSHが上がる可能性が高いので、自然に生理が来るまで待つことに。
    このような場合、卵巣が腫れていることも有り得るが、エコーで見ても前回と大きさは変わっていないので大丈夫。
    前周期に打った排卵誘発剤が原因ではない。
D13 98日ぶりに高温期へ
~D21

D1  きつい生理痛(あまりにも激痛で、救急車を呼ぶことも考えた)
D8  超音波(L:なし、R:11mm、E:薄い)
D15 血液検査(E2:24.53、LH:13.31、PRG:1.14、TSH:4.64、FT3:2.28、FT4:1.24)
~D27

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

未妊歴(28)~通院お休み~

***H21年10月***
D14 排卵日検査薬(++)
D15 排卵日検査薬(+++)
~D29

***H21年11月***
D14 排卵日検査薬PM(-)
D15 排卵日検査薬AM(+)、PM(-)
D16 排卵日検査薬AM(-)、PM(-)
~D23

D12 排卵日検査薬PM(-)
D13 排卵日検査薬AM(+)、PM(-)
D14 排卵日検査薬AM(-)
~D23

***H21年12月***
3ヶ月ぶりの通院
D3  血液検査(E2:26、LH:4.53、FSH:22.25)
D9  超音波(L:15.5mm、R:なし、E:9.8mm)
D12 排卵日検査薬PM(-)
D13 排卵日検査薬PM(-)
D14 排卵日検査薬AM(-)、PM(-)
D16 排卵済み確認(E:10.0mm)
    検査薬には反応が出なかったけれど、排卵痛もあったし、排卵しただろうとのこと。
~D24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

未妊歴(27)~遺残卵胞~

***H21年6月***
D3  血液検査(E2:333、LH:3.47、FSH:5.08、P4:0.20)
D9  超音波(L:8.5mm、R:なし、E:9.0mm)
D16 超音波(L:なし、R:なし、E:10.6mm)
    排卵後のようで、タイミングはバッチリみたいだけど、排卵日検査薬には出ない
~D18

***H21年8月***
D3  血液検査(E2:23.87、LH:10.24、FSH:43.69、P4:0.23)
D7  超音波(L:6.2mm、R:なし、E:?)
D13 超音波(L:small、R:なし、E:?)
D17 血液検査(E2:164.5、LH:12.31、P4:9.1)
超音波(L:small、R:なし、E:10.6mm)
~D26

***H21年9月***
D3  血液検査(E2:251.30、LH:2.04、FSH:7.44)
D5  超音波(L:13mm、R:なし、E:6.3mm)
D12 血液検査(E2:41.51、LH:5.15、FSH:14.01、P4:6.66)
~D19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

未妊歴(26)~3年ぶり3度目の卵管造影~

***H21年4月***
D2  血液検査(E2:26、LH:4.02、FSH:18.20、PRL:10.42)
D13 超音波(L:12.2mm、R:7.8mm、E:8.6mm)
    今周期は排卵しそうにないと言われる
~D24

D3  血液検査(E2:16、LH:7.87、FSH:33.17)
D13 超音波(L:7.0mm、R:13mm、11.3mm、E:10.6mm)
~D27

***H21年5月***
D4  血液検査(E2:5以下、LH:15.57、FSH:48.67、TSH:10.3、FT3:2.25、FT4:1.13、クラミジアIgG(-)、クラミジアIgA(-))
D11 子宮卵管造影検査(異常なし)
D14 超音波(L:なし、R:なし、E:5.0mm)
    チラーヂン1.5錠→2錠に増やす
    低温がダラダラと続き、高温期が36.70℃が3日間続いただけでそれ以上上がらない
~D37

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

未妊歴(25)~低温期続く~

***H21年1月***
~D36 一向に高温期にならずにずっと低温のまま、ようやく生理が来る

D3  血液検査(E2:47、LH:29.94、FSH:45.97、P4:0.25、PRL:12.35)
D9  超音波(L:11.2mm、R:なし、E:6.6mm)
~D22 今周期も全く高温期にならずにずっと低温のまま、生理が来てしまう

***H21年2月***
D13、D14 排卵日検査薬(+++)になり、ようやく高温期に突入
D26 「プロジェクトS」の内容を変更
~D27

***H21年3月***
D3  血液検査(E2:51、LH:3.83、FSH:13.59)
    久しぶりにFSHが10台にまで下がった
D12 超音波(L:なし、R:12.9mm、E:9.4mm)
D16 血液検査(E2:149.90、LH:3.90、P4:11.35)
    D7に牡蠣にあたって約10日間、発熱と下痢が続き、体調を崩していたので、
    卵胞は未成熟のまま排卵せず、萎んでしまったかもしれないとのこと
~D24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

未妊歴(24)~安定と不安定~

***H20年8月***
D3  血液検査(E2:33.90、LH:11.98、FSH:34.61)

***H20年10月***
D3  血液検査(E2:12.02、LH:6.42、FSH:34.68)
D8  血液検査(E2:73.61、LH:7.10)
    IVFを始めた頃から生理の出血量が少なくなり、約5日間ほどだったのが、
    ここ半年間で出血量が増え、約7日間と規則正しくなり、
    20代の頃の生理の状態に戻ってきた
    生理周期も、25~27日周期と安定してきた
    しかし、FSHは再び不安定になってくる

***H20年12月***
D3  血液検査(E2:23、LH:11.91、FSH:44.28、TSH:8.76)
D10 生理が10日間も続く
    超音波(L:なし、R:なし、E:?)
    今周期は卵胞が出来ていないので、無排卵だと言われる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

未妊歴(23)~劇的な変化~

***H20年6月***
D4  「プロジェクトS」開始後2ヶ月経過
    血液検査(E2:35、LH:3.08、FSH:17.7)
    4月の検査でFSH:56.84だったのが、17.7にまで下がる
    ベストな状態まで、あと少し!
D7  超音波(L:8.8mm、8.7mm、7.8mm、R:なし、E:?)
    排卵誘発剤を服用することなく、全くの自然な状態で3つの卵胞が育つ!
    3つとも同じくらいの大きさで、とってもいい感じ
    ・体がつねに暖かくなった
    ・肌がツルツルになってきて、お化粧のノリも良くなってきた
    ・ある日、お風呂に入っていて、腕を上げた時に、水のはじき方が
     良くなっていたので驚いた
    ・不妊治療の薬や注射による影響で、ツヤが無くなり、バサバサになっていた
     髪の毛に、ハリとコシが出てきた
~D27 高温と低温がはっきり分かれ、きれいな基礎体温になってきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)