鍼灸

2006年12月20日 (水)

筋腫の中に!?

昨日は鍼灸院の日でした。
先生と子宮筋腫の話をしている時に、びっくりするようなことを聞きました。
手術で摘出した筋腫の中身を見てみると、髪の毛や爪、歯などが入っているということがあるそうです\(◎o◎)/!
西洋医学ではなぜこんなことが起きるのか分かっていないけれど、東洋医学では擬似妊娠と言われており、不思議なことではないそうです。
半信半疑で家に帰り、ネットで検索してみたら、ヒットしてきました。
子宮筋腫だけでなく、卵巣嚢腫、子宮内膜症、卵管閉塞でも見られる症状だそうです。
体の一部の情報だけが、これらの中で育っている。
なぜこんなことが起きるのか、不思議です。
自分が手術した時のことを思い出して、気持ち悪くなりました。
ダ~、義母、母の3人は、主治医からの説明で、実際に私の体から摘出した筋腫を見ています。
これはちゃんと摘出したということを家族が確認しないといけないためでしたが、髪の毛や歯のことなんて私は聞いたことがありませんでした。
ただこれらのものが入っていなかったのか、主治医が言わなかっただけなのかは分かりませんが。

中には、筋腫の中にどろっとした芳香性のあるシャンプーが含まれていた人も居ました。
出産時の羊水もシャンプーのようないい香りがすることがあるようで、なんだか調べれば調べるほど怖くなってきました。

子供の頃の歯が生え変わる時期に、誤って抜けた歯を飲み込んでしまうということは考えられても、髪の毛やシャンプーは考えられない。
それも万が一飲み込んだとしても、消化器の中を通り、最後は外に出てしまうだろうし、子宮や卵巣へ侵入するなんて考えられない。

これって環境ホルモンなのかな?
体に異常な命令を出し、有り得ないことが体の中で起こってしまう((;゚Д゚)
食べ物も添加物、保存料等で溢れかえっています。
無添加、有機野菜など本当に体に良いものだけを摂るようにしたいものですけど、実際問題、家計のことを考えると限度があり、なかなか難しいです。
私も手術をして入院した時の食事を見て、食生活を見直すようになりました。
以後、現在もいろんなことをしていますが、それでも完全に毒の無い生活は今の世の中じゃ無理でしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

寝違い

今日も目の周りに鍼をしてもらいました。
今日で3回目ですが、先生にどうですか?と聞かれたけど、まだ良くなってきているようには思えません。
目が疲れているのか、こめかみの辺りが常に痛い状態だし、時々目がかすむこともあります(もう、おばちゃんだから仕方ないのかな(T_T))

いつも鍼を打ってから、しばらく刺したまま時間をおきます。
そして先生が抜かれるのですが、その時に血が出ることがあります。
いつもという訳ではなく、日によって出る場所に違いがあるし、前回出たからといって今回出ないこともあります。
鍼の後に血が出るということは、その部分が悪いということです。
逆に言うと、鍼をして血が出たので、良くなったということだそうです。
だから、今日はここが悪いんだなということがよく分かります。

昨日の朝、目が覚めたら、寝違えていて、首の右側が痛くなっていました。
左右真横を向けない状態なので、不便でした。
まず車通勤なので、左折、右折の確認時に、左右に顔を向けること。
仕事中も患者さんの対応に、上半身で向きを変えないといけないこと。
常連の患者さんには、「首、おかしいの?」って気付かれてしまいました。
誰も気付いてくれない中で、1人だけ気付いてもらえて、嬉しかった。
そして、帰宅して、うがいが出来ない。
顔を上に向けることが出来ません。
だけど、風邪、ノロウィルスやインフルエンザと仕事上、気をつけないといけないので、うがいはかかせないから、椅子に座って体を傾けながら、必死にうがいをしました。
誰にも見られたくない体勢(^_^;)
それから困ったのは目薬。
結膜結石を溶かす目薬と、眼圧を下げる目薬をしていますが、うまく目に入ってくれません。
かなり無駄にしてしまいました。

今日、鍼灸院で寝違いのことも話して、痛いところに鍼を打ってもらったので、少し楽になりましたが、まだ左右180度向けないです。
ウェストからねじるようにすれば、ウェストがくびれるようになるかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

目の鍼治療

昨日の視野検査で、左目の方が少し狭いと言われました。
ダ~に話すと、

「誰でも効き目というのがあるのだから、左右まったく同じ視野っていうのは無いんじゃないの?」

と言われました。
そう言われてみればそうよね。
それにしても、結婚してから次から次へといろんな病気が出て来ました。

「見た目は骨太でガッチリしてて健康そうに見えたのに、こんなに病気の多い人とは思わんかったよ」

とダ~に言われ、こっちもそのままお返ししました(^_^;)

今日は鍼灸院の日だったので、先生に結膜結石と緑内障のことを話しました。

「それじゃあ、今日は目に鍼を打ってみましょうか」

「目にですか?」((;゚Д゚)

鍼治療は長年やってきて慣れてはいますが、目の鍼はやったことがありません。

「目の鍼は“眼医者いらず”と言われるほどよく効くんですよ。
 直接目に鍼を打つ訳ではありません。目の周囲ですよ。」

いつもの不妊鍼の後、目に鍼をしてもらいました。
目尻横2箇所、頬骨の辺り2箇所で、左右合わせて8箇所に鍼をしました。
怖くて目を閉じていましたが、開けていても大丈夫ですよと言われ、そっと開けてみると、鍼が間近に見える(>_<)
先生に話しかけられるので喋ると、鍼が揺れてる∑( ̄□ ̄;)コワイ
“喋る”という行為は、口だけの動きじゃないということがよく分かりました。
顔全体の動きなんですね…..φ(・∀・*)なるほどぉ…

しばらくは、不妊の方と併行して目の鍼もしてもらうことになりました。
眼の病気も西洋医学だけでなく、東洋医学と併せて行うことで相乗効果が得られるそうです。
万が一、緑内障だったとしても鍼治療で治るそうです。
ただの疲労だと思うんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ゆっくり、急いで

週に一度、鍼灸院に通っています。
今の鍼灸院は通い始めて1年半くらいになります。
今日は、先生に不妊治療をしばらくお休みすることを話しました。

「その方がいいでしょうね」

と言われました。

「どんなに鍼や灸をして身体の内側から良くしていっても、大量の薬や注射を繰り返すと追い着かなくなってきます。
しばらく身体の状態を整えてあげてから再開した方がいいと思います。
妊娠に向けて、ゆっくり、急いでしないといけないからね」

先生がおっしゃった“ゆっくり、急いで”とは、

ゆっくり → 早くあかちゃんが欲しいからとあせらず、ゆったりした気持ちを持って

急いで → 一日でも早く妊娠させてあげたい(という先生の気持ち)

「orangeさんはまだ若いので、あと10年は大丈夫ですから」
(妊娠できる身体であるということ)

そう言われても、あと10年も頑張れる自信はないな~(-_-;
治療費もなくなってそうだし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

鍼灸

仕事が終わってから鍼灸院へ。
不妊のための鍼灸を始めて10ヶ月・・・
固かった右側の卵巣あたりのツボもだんだん柔らかくなってきました。
脈の返りも早くなってきたみたいです。
毎回先生に「まだ若いから大丈夫」と言われるたびにちょっと複雑(-_-;

今晩からダ~がスキーに行くので週末は一人。
待ち合わせの場所まで車で送って行きました。
お腹に負担かかるわ~と言いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)